関塾が選ばれる理由

パターン授業法

成長しつづける指導法
生徒の学力アップにおいて優秀な実績を修めた教師の授業には特徴があります。
それら教師の行った授業の共通項をパターン化し、それを理論的に体系化したものが「パターン授業法」です。
過去30年以上の指導活動で培った経験とノウハウが活かされた、関塾独自の指導法です。
もちろん、現在も創意工夫や新しい手法の導入によりさらに改善を行っています。

生徒自身に興味や疑問を抱かせること
授業の最初に教師は今学習していることが先の学習にどのように繋がっていくのか、受験では、どのように出題されるのかをしっかりと伝えます。つまり「近い目的」と「遠い目的」を明確にします。
また、解き方や覚え方を一方的に生徒に詰め込むのではなく、まず生徒自身に興味や疑問を抱かせることに重点を置きます。
そうすることで、生徒の学習意欲も湧き、授業への集中力も生まれるのです。

オリジナルテキスト

関塾のオリジナルテキスト「関塾図書」はパターン授業法を実践するために編集されています。
オリジナル教材「関塾図書」

教材は学年ごと、教科ごとに関塾本部が作成したオリジナル教材「関塾図書」をメインに使用しています。
これは関塾独自の授業形態である「パターン授業法」に基づき、最新の出題傾向や様々な教育情報を元に編集されています。
また、関塾図書を用いた指導では問題の解き方を理解させてから演習に入ります。宿題のページも付いているので、自宅学習にも最適です。宿題用のサブ教材と、地域に対応した問題集
教材には、主に授業で使用される「関塾図書」のほかに、宿題用に使用するサブ教材、そしてそれぞれの地域に対応したものとして学校の教科書に準拠した問題集などがあります。
目的に応じて組み合わせ、使い分けて使用することで、効率よく学習効果を高めています。

出退席メール

生徒が教室に入室した時点と、退出した時点で保護者の携帯にメールでお知らせします。お子様が確実に通塾しているか、帰宅が何時ごろになるかがわかります。

塾生カードで、教室のカードリーダーを使って保護者の携帯やPCに到着、退出時間をメールでお知らせします。

関塾WEBシステム

独自の情報処理システムとネットワークにより各教室の情報管理を行います。

関塾教育情報システムによる情報提供
関塾の各教室は、独自のコンピュータ情報処理システム「関塾教育情報システム」で関塾本部とネットワークされています。
塾生の進学・学習に有益なあらゆる情報をはじめ、教室に必要な教務情報なども提供しています。
また全国各地の教室をオンラインで結び、常に本部のコンピュータに最新の塾生データを集約して解析し、即座に結果を教室にフィードバックしています。最新の情報も全国どの教室からも取り出すことができます。