【これでバッチリ!面接対策のポイントその2】

こんにちは。Dr.関塾西脇市駅前校です。
さて前回に引き続き、面接についてお話いたします。
今回は、面接で良く聞かれる質問や自分のことをどう伝えるかといった内容面に注目してみます。
面接は自分のことをしっかりとアピールする場。
ただ聞かれた質問に答えるだけではなく、それにまつわるエピソードも話せるように準備しておいてください。
また受け答えの際は、中学生らしく「明るくハキハキと話す」ことを心がけましょう。
では質問に対してどんな答え方をするのが理想的かを考えてみましょう。
例えばこんな質問をされたら、あなたはどう答えますか?
質問:「中学校では何部に所属していましたか」
– 回答その1: 「はい、野球部に所属していました」
– 回答その2:「はい、3年間野球部に所属していました。ポジションはおもにピッチャーで、チームメイトと切磋琢磨しながら、3年間一度も休まずに練習を続けてきました。3年生最後の大会では地区大会で準優勝することができました。」
いかがでしょうか。1では、野球部に所属していたことしか分かりませんが、2では、「野球部の中でどのようにがんばったか」まできちんとアピールできています。これが大切なのです。
エピソードなどを深く聞いてくれる面接官ばかりではありませんので、自分からエピソードを交えて話せるよう練習しておきましょう。
以下に、面接でよく聞かれる質問をまとめています。
願書などに志望理由を書いて提出する際は、その内容をもとに面接を行うことが多いため、コピーをとっておくとよいでしょう。
・志望理由
面接でほぼ確実に質問されるのは志望理由についてです。
学校パンフレットの言葉をそのまま使うのではなく、その学校の何に魅力があるのか、何をしてみたいかを「自分の言葉」で伝えることが大切です。
・中学3年間でがんばったこと
これもまた面接でよく聞かれる質問の一つ。
勉強でも、部活でも、自分が3年間の中学校生活でがんばったことを具体的に話しましょう。
どのような成果(または反省)を得て、高校生活にどう生かしていきたいかを伝えられるとベストですね。
・自分のことについて
自分の長所や短所などの性格、趣味や興味があるニュースなども説明できるようにしておきましょう。
性格については、家族や友人など、周りの人から聞いてみるとヒントが得られるかもしれません。
面接は「ぶっつけ本番」ではなく、事前に練習をおこない、実際の流れに慣れておくことが大切です。
入試直前の勉強はもちろん、面接などでも不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Dr.関塾 西脇市駅前校
兵庫県西脇市野村町884野村ビル1F
TEL: 0795-25-2330 

トップページ


++++++++++++++++++++++++++++++++++++