【中学生夏の学習術 定期テストの見直しで苦手克服】

【中学生夏の学習術 定期テストの見直しで苦手克服】

こんにちは、Dr.関塾 西脇市駅前校です。
夏休みも中盤に入りましたね。きちんと学習計画を立てて、それを実行できていますか。
この長期間の休みは、受験生にとっては集中して学習できる勝負のとき。そして、1学期に思うような結果が残せなかった方にとっては、巻き返しのチャンスです。
そこで、これまでの定期テストを見直すことで苦手を克服するコツを伝えたいと思います。

●自分の苦手を知ることから始めよう!
苦手を克服するためには、まずは苦手を知ることから始めましょう。ヒントは定期テストにあります。思うような結果が残せなかったときは、答案用紙を見るのもイヤなものです。でも、ちょっと待って! 定期テストはそれぞれの単元の基本的な問題が出題されています。基本事項が理解できているかを知ることが大切です。

●間違えた問題に付箋を貼り、原因を分析しよう
まず、これまでの定期テストを見直し、間違えた問題に注目します。うっかりミスなのか、それとも理解できていないのか、部分的に点数が引かれているならば、どのように間違えたかも確認。さらに、どうして間違えたのかを自分で分析してみましょう。

●分析結果に基づいて復習、問題集に取り組もう
次に、ケアレスミスの問題は除いて、間違えた問題の範囲の教科書に、付箋を貼っていきましょう。付箋が貼られた部分が、あなたの苦手範囲です。そして、間違いを分析した結果に基づいて復習します。勉強していたはずなのに思い出せなかったなら、もう一度復習を。よく理解できていなかったのなら、最初から学習し直しましょう。さらに、問題集を使って苦手な範囲の問題に繰り返し取り組むことをおすすめします。

●間違えた問題を解き直してみよう
復習も終わり、問題集もクリアしたら、もう一度、定期テストに戻って解き直しをしましょう。夏休みのように、時間があるときには、何日かして再び解き直してみるのもいいですね。さらに理解が深まり、定着していくはずです。

夏休みという長期の休みを利用して、苦手を克服。余裕をもって2学期を迎えましょう。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Dr.関塾 西脇市駅前校
兵庫県西脇市野村町884野村ビル1F
TEL: 0795-25-2330 

トップページ


++++++++++++++++++++++++++++++++++++