【冬休みは復習100%!ルーティンを決めて勉強しよう】

こんにちは、Dr.関塾西脇市駅前校です。
もうすぐ冬休みが始まりますが、すでに冬休みの学習計画は立てていますか。
自分の時間が確保しやすい長期の休みは、勉強も実りのあるものにしていきたいですね。
今回は、効率よく学習が進められるポイントを3つ紹介します。
①予習よりも復習に力を入れよう
冬休みは1人で勉強する時間が多いため、復習に力を入れることをおすすめします。
自分で試行錯誤しながら新しい内容に取り組むのも有意義なことではありますが、やはり予習は塾や学校の先生からポイントを聞いた方が効率よく進められます。
これに対して復習は、一度学習したものを定着させるための学習なので、1人で演習を積み重ねることが可能です。
限られた時間を有効活用するためにも、冬休みは復習100%で取り組むと良いでしょう。
②朝の時間を有効活用する
人間の自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。
交感神経は活動的な神経で、朝起きたときから働きがよくなり、一方の副交感神経は休息の神経で、陽が沈んだ頃から優位になります。
つまり朝は早く起きて活動し、夜はゆっくりリラックスというのが、理に適った理想の生活。
だから勉強は、集中力や思考力、やる気を高い状態で維持できる朝の時間に済ませることをおすすめします。
実際に朝の1時間は夜の3時間に相当するとまで言われるほど。
「短時間でたくさんの問題を解けた!」との声もよく聞きますので、ぜひ朝学習を試してみてください!
③休み前に勉強のルーティンを決め、迷いをなくす
生活リズムをつくれないでいると、ついダラダラと毎日を過ごしてしまいがちな冬休み。
勉強する時間とルーティンはあらかじめ決めて、休み前から心の準備をしておきましょう。
たとえば、「勉強は朝の9時からスタート、最初は必ず計算問題を20問、その次に英文法の演習を2ページ練習しよう」といった具合にです。
「いつ」「どの教科を」「どのくらい」やるかも計画しておくといいですね。
何をしようか悩んでいる間に休みが終わってしまった…なんてことにだけはならないように。
以上3つのポイントを意識して、冬休みの学習を充実させ、新たな気持ちで新年をスタートさせましょう!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Dr.関塾 西脇市駅前校
兵庫県西脇市野村町884野村ビル1F
TEL: 0795-25-2330 

トップページ


++++++++++++++++++++++++++++++++++++