【高校入試情報 スケジュールと入試の方法を紹介】

こんにちは、Dr.関塾 西脇市駅前校です。
2学期の半ばになり、受験生にとってはいよいよ受験勉強に本腰を入れる時期。
入試までの計画を立て、効率的な学習を進めましょう。
そこで、今回は高校入試の主なスケジュールと入試方法について整理してみました。

<兵庫県の公立高等学校の入試>
兵庫県では、それぞれの学校に特色を持たせるために専門学科・特色ある学科・コース・類型などを設置しています。
行きたい高校の選抜方法をよく確認し、早めに対策していきましょう。
●推薦入試
生徒がその学校で学びたいという意思を明確に持ち、さらに一定の基準を満たしている場合に中学校長が推薦するのが、2月に行われる推薦入試です。基準となるのは学科の成績や校内での生徒会活動や部活動など。入試は面接が主となりますが、学校によっては適性検査や実技検査、小論文や面接を実施しています。対象となるのは、専門学科・総合学科・普通科コース・普通科単位制です。

●特色選抜
特色選抜は生徒の能力や適性、興味や関心に応じて学びたいことが学べる学校選択を支援するものです。受験生が主体的に志願できる制度なので、中学校の推薦は必要ありません。原則として、複数志願選抜制を導入している学区で導入されます。
これらの入試は2月に実施され、合格発表も2月下旬に行われます。結果を踏まえて、3月の一般検査に臨むことができます。

●一般学力検査
最も多くの中学生が受験するのが、3月に行われる一般学力検査です。複数志願選抜を行う学校なら、個性や能力に応じて1校、または2校を志願できます。ただし、第1志望が有利になるように規定の加算点があるので、第1志望・第2志望の選択は十分に考慮する必要があります。また、願書を提出した後に志望者の数が発表され、それを見ながら1度だけ第2志望に限り志願変更が可能です。
3月に行われる一般学力検査では、主要5教科の学力検査と調査書の評価で合否が判定されます。学力検査では、理解力、応用力、分析力に加えて基本的な学力が検査されます。近年は長文問題の出題が目立ち、長文読解力などが求められています。

<私立高等学校の入試>
来年度は、2月10日(月)が私立高校入試の解禁日となり、その後は各学校で日程が設定されています。私立高校では、各学校の個性に合う生徒に入学してもらおうと、それぞれに個性ある入試問題を用意しています。すでに入試関係書類の頒布を開始している学校や説明会も開催しているので、受験を考えている人は早めに準備を始めましょう。

入試について、わからないことや悩んでいることがあれば、塾の先生に相談してください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Dr.関塾 西脇市駅前校
兵庫県西脇市野村町884野村ビル1F
TEL: 0795-25-2330 

トップページ


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

参考サイトURL
https://www.kaishinkan.net/hyogo/guidance_jh/?id=con_2
https://www.hyogo-c.ed.jp/~kok…/R2senbatu/R2kihonhoushin.pdf