いよいよ入試当日まで数日。本番が迫ってきましたね。

落ち着いて行動できるよう、今回は入試前日と当日に注意したいことをご紹介します。

●持ち物は前日に必ず確認!
当日は緊張などでバタバタしてしまいがち。忘れ物の心配が気になります。
受験当日の準備は、前日までに済ませておきましょう。
 □受験票
 □腕時計(あれば)
 □上履き(必要な場合)
 □筆記用具
 ・シャープペンシル2~3本
  ※それぞれ芯が1~2本ずつ入った状態にしておこう。入れすぎ注意!!
 ・鉛筆 5本ぐらい
 ・消しゴム 2つ
  ※予備を含め2つ以上
 ・コンパス、定規(必要な場合のみ)
 □使い捨てカイロ
 □お小遣い(電車代など最小限に)

●緊張はみんな一緒!
これまで一生懸命に勉強をしてきた皆さんですから、当日はとても緊張すると思います。緊張をしない方法がわかっていても、本番はそれでも心配ですよね。でも大丈夫。
大切なのは、自分のそのときの状態を理解し、緊張に気づくこと。
「あ、自分は緊張しているな」と気づけば、慎重にテストを受けることができます。
緊張に気づかず舞い上がってしまわないよう、自分の状態を理解することに努めましょう。
そのうえで深呼吸をし、体内に酸素を取り入れましょう。
緊張時は普段より時間の流れが速く感じるものです。
問題文を落ち着いて読み、丁寧に解いていきましょう。
緊張はみんな一緒ですから大丈夫ですよ。

●終わった教科よりも次の教科の準備を
今までテストや模試の日など、休み時間になると、前の教科の出来が気になり、周りの友達と「できた?1番の答え何にした?」と出来を確認していた受験生もいると思います。しかし、休み時間に終わった教科のことを話すのは時間がもったいないです。
前の教科の話をしても、結果は変わりません。
それよりも、次の教科の準備をしましょう。
参考書を確認しておけば、そこが次の教科に出るかも。
前の教科の結果は気にせず、次の教科の準備をして休み時間を過ごしましょう。

受験シーズンも大詰めです!
Dr.関塾西脇市駅前校は、頑張る皆さんを応援しています!