こんにちは、Dr.関塾 西脇市駅前校です。

いよいよ入試直前期。最終追い込みの時期になりましたね。
やることが多い直前期。今回は優先順位を何において勉強すべきなのかをご紹介します。

●新しい知識より、習っている知識に重点を!
自習時間が取れる場合は、特に復習に力を入れましょう。直前期こそ、わかる問題を確実に「できる」状態にしておくことが大切です。
新しい知識を身につけることに時間を割くよりも、すでに習っている知識が確実に使いこなせるよう、学習済み内容の問題を何度も解いて確認する時間を十分に確保する方が良いでしょう。

●インプットとアウトプット 見るだけでなく、解いて確認しよう
直前期になると、暗記カードや参考書を、学校や塾などに持ってきて読む受験生も増えます。しかし、参考書などを読んだだけではテストの点数は上がりません。
読み込んだ内容がテストに出ても、満点が取れず、思った以上に手も足も出ないということはありませんか。
大切なのは読んでインプットした知識を、アウトプットできるかどうかです。
入試本番で皆さんの力を試すのは、書いて解くテスト。だから参考書を読んだ後が大事。得た知識を活かし書いて解く練習をしましょう。入試本番の高得点につながります!

■夜型から朝型に生活リズムを切り替えよう
これまで夜に勉強時間を確保していた受験生も多いと思いますが、入試本番は午前中から。当日は体調・頭の状態も万全にして、試験会場に向かいたいもの。
夜型の生活になりがちだった受験生は、入試本番までに朝型の生活に慣れておきましょう。試験開始の3時間前には起きるようにしましょう。

良い結果が出るように、万全の態勢で受験当日を迎えましょう。
Dr.関塾西脇市駅前校は、頑張る受験生の皆さんを応援しています!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Dr.関塾 西脇市駅前校
兵庫県西脇市野村町884野村ビル1F
TEL: 0795-25-2330 

トップページ


++++++++++++++++++++++++++++++++++++