誰にでも得手不得手というものはあります。

誰にでも得手不得手というものはあります。
興味を持てる内容、好きな内容であれば、日常的にその内容について考える機会も多くなるので、その分野、勉強で言うならそれに近い科目に関しては強くなります。
これは意識せずにコツコツと勉強しているようなものです。
でも、苦手な内容、嫌いな内容のことを勉強するのは辛いことですよね。
嫌いな科目の授業でもさぼりもせずにちゃんと通ってくるみんなを見てると率直に「えらいなぁ。」と感じます。(昔は自分もそうだったはずですが。)
そんな嫌いな科目でも、少しでも「興味が持てる」「面白い」と感じてもらえるような授業にしたいといつも思っています。